お薬を渡した“その後”も
携われる薬剤師になりたい。

勤務薬剤師 A.Yさん

町屋駅前店

一年経ち、薬剤師としての成長を実感。

私の場合は、会社を選ぶ際に勤務地は重視したい条件だったので、まず首都圏近郊に店舗がある調剤薬局を探していきました。首都圏にある調剤薬局は複数ありますが、フラワー薬局の店舗見学をした時に、実際に働いている薬剤師の方から薬剤師目線のお話を聞けたことで、働くイメージを具体的にもてたことが入社の決め手になりました。新卒ということもあって、面処方が多く、幅広い処方に触れる機会を得られることも魅力の1つでした。

 

入社して1年が経ち、教育の充実を実感しています。薬局は店舗によって地域性や処方内容に偏りがあると思いますが、フォローアップ研修を通して、他店舗で実際に起きたトラブルや同期の悩みなどを共有し改善策を学ぶことができるので、自分が経験していないことも知識として取り入れることができます。研修は、実践的で現場ですぐ活かせることが学べるので、とても勉強になりますし、他店舗の同期や先輩とコミュニケーションをとる時間にもなっています。そして何よりも“相談しやすい雰囲気”があることがフラワー薬局の良さだと思います。何かミスをしてしまったり、戸惑った時に「あの時はどうすればよかったですか?」と先輩に相談しやすいのは、とてもありがたいことです。

新人からベテランまで、全員で
「よい薬局をつくろう」としている。

配属されて間もない頃、混雑した時の対応に悩むことがあったのですが、先輩が一緒に解決策を考えてくれて、調剤室内のフローを見直してもらったことがありました。フラワー薬局は、ただ先輩が優しいだけではなくて、いい意味で固定概念がなく「店舗をよりよくするために」という視点をもった柔軟な方が多いと思います。患者さんが利用しやすい薬局、自分たちも働きやすい環境を全員で話し合いながら実現できる環境です。

 

薬剤師として働き始めて、さまざまな処方せんを見るようになり「どうしてこの薬の組み合わせなんだろう?」「なぜ薬が変更になっているのだろう?」と疑問に思うことが多々あります。そんな時は患者さんに直接理由を尋ねるようにしています。そうすることで処方変更の意図や副作用などを患者さんから学ぶことができ、自分の知識にもなります。やはり座学では学べないことも多く、現場での学びは薬剤師としてのスキルアップにつながっていると感じます。

 

患者さんのやり取りの中で「この方、ちゃんとお薬飲めているのかな?」と気になることも多く、薬を渡した後のこともフォローができるような薬剤師になっていきたいと思っています。2年目の私は、まだ、かかりつけ薬剤師としての要件を満たせていませんが、将来的には患者さんから指名していただけるような薬剤師になりたいですね。そのためにまずは、自分が患者さんの顔や名前を覚え、残薬状況やコンプライアンスの聞き取りをしっかりしていきたいと思います。

私が考える薬剤師に必要な力

「 応用力 

イレギュラーなことが起きたときにどのように対応すべきか、そんな時に求められるのは応用力だと思います。私自身、まだ応用力がなく先輩方に相談することがあります。

 

「 判断力 

混雑時は特に、自分がどのように行動すれば、うまく調剤室が回るかを考え、臨機応変に判断していく力が必要です。

 

「 集中力 

鑑査時に1番必要なのが集中力。フラワー薬局は「人の手で調剤する」ことを大切にしている薬局です。完全自動化の薬局もあるかと思いますが、私は自動化に頼らないことが、監査の意識が高まることにもつながると感じています。

休日の過ごし方

しっかり休むことで、仕事も頑張ろう!と思えるので、仕事と同じくらい、プライベートの時間も充実させるようにしています。

温泉が好きなので3日連休があれば近場の温泉に1泊で泊まりに行くことも。長期休暇には友人と旅行に行くことが多いですね。以前ハワイに行ったときに、とてもリフレッシュできたので海外旅行にもまた行きたいと思っています。